2010年10月27日

Monogonのご紹介



3Dプリンタのためのポリゴン修正は「MoNoGon」で!

一つ前の投稿がMagicsですが、実はMgicsはめちゃめちゃ高価です。(^^;
では、立体出力依頼者が依頼時に予め使う、もっと安価ソフトはないの?
という声にお応えしたソフトがあります。
それがMoNoGonです。

以下PR

3Dプリンタ(RP機)の登場により、ポリゴンデータを簡単にモノにできる時代になりました。昨今は3Dプリンタの低価格化も進んできています。

しかし、すべてのポリゴンデータがモノに出来るわけではありません。データの不具合により3Dプリンタに正しくデータを受け渡せないというトラブルがしばしば発生するのです。つまり、「モノになるポリゴン」と「モノにならないポリゴン」があるのです。

「モノにならないポリゴン」を3Dプリンタに渡すためには、修正して「モノになるポリゴン」にしなくてはなりません。この修正作業の強力な助けとなるのが MoNoGon です。MoNoGonを使えば厄介な不具合データもスムーズに「モノになるポリゴン」に修正することができます。

3Dプリンタに限らず、これからはポリゴンデータを元にしたモノづくりが盛んになっていくでしょう。MoNoGon はそんな先進的なモノづくり -ポリゴンでモノづくり- を現場で支えるソフトウェアでありたいと考えています。

是非、ダウンロードしてみて下さい。(^^
  


Posted by 株式会社アイジェット at 09:27ラピッドプロトタイピング

2010年10月25日

新しいMagics!



弊社がメインで使用しているRP、3Dプリンタ用ソフトウェアMagicsがバージョン15.0にアップデートされました!
早速使用開始したところ、今回は大幅に変更されていて、かなりいい感じです。

進化がとても気持ち良いですね。

実は多くの場合、いや殆どのデータが造形に適しているとは言えず、エラーを修正する必要があります。
RP系のデータは優秀なのですが、建築モデルは特に酷くて、3Dプリンタで造形できるデータにするには大変多くの作業が必要で、そこにノウハウ満載なのです。

建築モデルは、Magicsが無ければ、3Dプリンタで造形なんて到底無理!と言い切ってしまいます。
ですので、Magicsの進化イコール生産性向上、リードタイム短縮に直結なのです。

今回は本当に嬉しいバージョンアップです。  


Posted by 株式会社アイジェット at 11:24ラピッドプロトタイピング

2010年10月22日

新しいAir!



新しいMacbook Airいいですね!
初代Macbook Airは個人的にはあまり興味が湧かなかったのですが、新しいAirにはかなり惹かれております。
128GBのフラッシュストレージで108,800円は安い。(11インチ)

移転に伴って、Macがもう1台必要なのでMac miniを考えていたのですが、11インチのAirもいいかな?
本当はLionが登場する来年の夏以降にしたいのだけど、そこまで待つことは出来ないし、、、

微妙。  
タグ :Macbook Air


Posted by 株式会社アイジェット at 13:59PC・MAC・IT

2010年10月21日

Digital Innovation Center



来春、京急上大岡駅から徒歩7分の立地に、Digital Innovation Centerをオープンいたします。
4階建ての自社ビル内の全フロアに、様々な最新鋭のデジタル機を多数設置し、自動化設備と技術を集約した都市型工場です。
株式会社アイジェットもそちらに移転となります。

3次元造形機も増設し、材料バリエーションが更に増えます。
皆様に愛されるRPサービスビューローとしてより一層努力し、お客様の視点で自己革新を続けていきたいと考えております!  


Posted by 株式会社アイジェット at 12:10ビジネス

2010年10月19日

円高還元無し



1ドル=50円まで行くんじゃないかとか言われています。
でも、弊社の3Dプリンタで使用する材料はアメリカ製なので、円高メリットが!

あるはずなのですが、、、

無いのです。

本来は、弊社の出力サービスも円高還元セールをやりたいところなのですが、円高メリットが無いのです。

ゼロです。

円が安い方へ変動した時は、きっと即材料値上げの話が来ます。

デメリットばかりが目立ってしまう円高だから困るんですよね。
海外旅行で傍受する円高メリットなんて微々たるものです。  
タグ :円高


Posted by 株式会社アイジェット at 13:17ビジネス