2014年07月22日

DDMで量産可能か!?



※画像は3Dプリントで作成した樹脂製のスプリングです。

弊社では3Dプリントの利用シーンを創造し、試作の枠を飛び越えて、DDM(Direct Digital Manufacturing)、つまりプリントアウトされたものを、そのまま最終的な製品として利用できる市場創造をミッションとしています。

では、はたしてどれぐらいの量産が可能なのか?
弊社における今までの実績と今期予測のお話をさせて頂くと、現在までは月に1,000〜2,000件の3Dプリントをしていますが、今期の予定では100,000個を軽く超えるような出力数のプロジェクトもあり、いよいよ量産と言えるような領域に接近しつつあると考えます。

そして、射出成形等、従来工法の量産とは異なり、その数量の全てが一つ一つ違うユニークなものというところがミラクルです。

3DSystemsさんがGoogleさんとの提携による超高速3Dプリンターを開発中とのニュースもありますし、
カスタマイズ量産が可能な未来が一歩づつ近づいてきているのではないでしょうか。


同じカテゴリー(ビジネス)の記事
本店移転のお知らせ
本店移転のお知らせ(2014-06-24 04:45)

人材募集中!
人材募集中!(2014-06-05 18:30)


Posted by 株式会社アイジェット at 12:03 │ビジネス