2009年10月06日

表示から造形への変換



まるで「きしめん」のようですが、、、分子構造模型です。
こちらはリボンモデルです。

この模型は石膏ベースではなく、ABS樹脂で作ってありますので、弾力性もあって柔軟です。
ただし、造形時に着色することは出来ませんので、この状態から塗装等を施して仕上げます。



タンパク質の立体構造データベースであるPDBを、 実際に手にとり、観察できる造形物です。
より一層、物質の微視的構造を理解頂くのに、お役に立てると思います。



同じカテゴリー(医療模型・分子模型)の記事
マウスとラット
マウスとラット(2012-12-07 12:28)

脳のメンテナンス?
脳のメンテナンス?(2011-02-14 10:20)

微研ミュージアム
微研ミュージアム(2011-01-15 10:32)


Posted by 株式会社アイジェット at 10:59 │医療模型・分子模型