2011年01月17日

材料費、高いです



3Dプリンターの出力価格ってまだまだ高いですよね。
一度出力してみようかなと思って頂いたお客様がご想像されていた価格と、弊社がお見積りで提出させて頂いた価格の間に隔たりを感じる事が少なくありません。

HPからお見積依頼を頂く→メールにてお見積を提示する→何のお返事も無い。という事も結構多いです。
お返事が無い事自体は、ネット時代ですから別になんとも思わないのですが、「きっと想像していた価格はもっと下だったのだろうなぁ。。。」といつも頭を悩ませています。

3Dプリンターの出力価格が高い事の一番の原因は、まだまだ需要が少ない事や、実は出力トラブルが多いという事よりも、、、とにかく材料が馬鹿高い!事が主な原因です。

装置販売業者からすれば、2次元のプリンターと同じビジネスモデルですから、機械を安くして販売台数を伸ばし、消耗品で大きく儲けるということになるわけなので、、、

というわけで、材料費を少しでも節約し、お安くご提供する為に中身をくり抜きまくりたいわけです(笑)
画像は地形モデルの一部の裏面です。



同じカテゴリー(ラピッドプロトタイピング)の記事
新材料 VisiJet M3 Black
新材料 VisiJet M3 Black(2013-07-20 14:43)


Posted by 株式会社アイジェット at 16:56 │ラピッドプロトタイピング