2011年02月24日

3D印刷工場



この動画は、オンラインゲームWorld of Warcraftで自分がプレイしているキャラクターをフィギュアにできるサービスを運営するFigurePrints社の製造工程です。
フルカラーのZプリンターが10台稼動しているとか!?

これを見ていると、もう本当に量産ですし、工場なんですよね。

日本市場での3Dプリントは、まだまだ試作の域を出ていないですし、3Dプリンターで量産というのはこれからだと思いますが、英エコノミスト誌 2011年2月12日号に掲載された「新しい製造技術が世界を変える。」には、「3次元(3D)印刷技術を使えば、1つの製品を、数千個単位で製造するのと同じくらいの低コストで作ることができ、規模の経済が覆されるのだ。3D印刷は世界に、工場の出現と同じくらい衝撃を与える可能性がある。」と書かれております。

そして最後にはこのような文章で締めくくられています。
「1750年に蒸気機関が、あるいは1450年に印刷機が、1950年にトランジスターが発明された当時、誰もその影響を予測できなかったように、3D印刷技術の長期的な影響を今予測するのは不可能だ。しかし、この技術はもう到来しており、手を触れるすべての産業を混乱に陥れる可能性が高い。」

日本でも3Dプリントで量産に近い形の製造が始まりますよ。



同じカテゴリー(ビジネス)の記事
DDMで量産可能か!?
DDMで量産可能か!?(2014-07-22 12:03)

本店移転のお知らせ
本店移転のお知らせ(2014-06-24 04:45)


Posted by 株式会社アイジェット at 13:03 │ビジネス
この記事へのコメント
今、思いつきました。
小麦粉みたいな粉(食べられるもの)にカラーインクの代わりにフルーツジュース(いろんな色の)で造形する。
後は焼くなり煮るなりして最後に食べる。
どうですか?
このアイデアいくらで買ってもらえます?...なんてね!
Posted by NOW ON SALE at 2011年02月26日 21:08
3Dフードプリンタが実際に開発中みたいですよ!
http://saya.s145.xrea.com/archives/2011/01/3d_3.html
Posted by 株式会社アイジェット at 2011年02月28日 09:39