2011年06月02日

3Dプリンターで陶芸

3Dプリンターで物を作るには3Dデータが必要だから、3Dデータが作れなくちゃいけないの?

いいえ!!!!!

その実例をご紹介します。



これは我が家の和室の一角です。
もっとかっこいい階段箪笥でも置いてあればいいのですが、、、カラーボックスかよ!というツッコミは無しで。

なんか寂しいので、オブジェが欲しい。
花瓶でも置くか。

まずは3Dデータをショッピング。



200,000点以上の3Dデータが販売されているTurboSquidさんへ行きます。

検索窓に「vase(花瓶)」と入力して検索かけると、、、



1582件もヒットしました。



今回はこちらの作品を購入しました。
5つ入っていて12ドルです。

ダウンロードしたデータを置くスペースに合わせてリサイズしたり、変形させたり、色も自由に着色できます。
これが普通のショッピングとは全く違うところ!
今回は白と黒にしました。

で、3Dプリンターにかけて出力すると、、、



立体物になりました。



実際に花瓶として使えるように、内側に防水のエポキシをコートしました。
表面はマットなクリアー塗装を施しました。



完成して飾ったところ!
うん、サイズ的にもピッタリ!(飾るスペースに合わせてリサイズしたから当たり前)



こちらもおまけで作りました。

どうでしょうか?
3Dデータを作れなくても、TurboSquidさんで普通にネットショッピングするようにデータを購入し、それを形にして購入できるんです。
新しいショッピングでしょ(^^

弊社で立体出力して頂くことが前提となりますが、TurboSquidさんでデータを検索して、弊社にご連絡頂ければ、35ドル以内のデータであれば、データ代は弊社が全額負担させて頂きます!

35ドルを超えた部分につきましては、ご負担をお願い致します。

このシリーズ、第2段もありますので、近日中に公開致します。



同じカテゴリー(フィギュア・アート作品)の記事
DIESEL × iJet
DIESEL × iJet(2014-08-18 09:39)

クルマは家族だ!
クルマは家族だ!(2014-04-12 10:36)


Posted by 株式会社アイジェット at 14:46 │フィギュア・アート作品
この記事へのコメント
初めての書き込みとなりますが、本日、株)カレントスペース大阪に行って参りました所、3Dで作らせた石工でできた模型を拝見して、投稿を差し上げた次第で御座います。
わたくしも3Dでイメージパースなどを描いておりまして、ブログを覗かせてもらった訳でございます。
カレントスペース様の打合せテーブルに御社が製作した石工のミニチュアモデルが置いてありまして、何これと聞くと3Dで作ったモデルと聞き、その精密さに驚いております。
パンフレットなど御座いましたら郵送で送ってもらえないでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。
Posted by CG studio ADADA at 2011年06月15日 17:31
CG studio ADADA様
コメントありがとうございます。
後ほどメールさせて頂きますので、宜しくお願い致します。
Posted by 株式会社アイジェット株式会社アイジェット at 2011年06月16日 10:49