2011年08月24日

紳助ショックの最中ですが、、、

私のブログは、地道に3Dプリント&3Dスキャンの事例を紹介していきます。



こちらの画像は先日のコミケで販売されました、3Dプリンターによるミニフィギュアの製作風景です。

3Dプリントでプチ量産ですね。
(実は、3Dプリントでプチ量産ってやつは、石膏粉末Pさんという先駆者の方がいらっしゃいます)

50個とか100個とかの小ロットでも作れるので(もちろん1個からでも)、今話題のマイクロモノづくりです!

印刷機でいうところの輪転機みたいな3Dプリンターが開発されないかな。
カラーでツルツルで。



同じカテゴリー(フィギュア・アート作品)の記事
DIESEL × iJet
DIESEL × iJet(2014-08-18 09:39)

クルマは家族だ!
クルマは家族だ!(2014-04-12 10:36)


Posted by 株式会社アイジェット at 19:46 │フィギュア・アート作品
この記事へのコメント
仕様が許すなら台座を付ける良いですよ。前後の幅が広がって出力時間は延びますが、座りが良くなる、爪先の破損が防げる、ポーズの選択肢が広がるなどメリットも多いです。
Posted by 石膏粉末P at 2011年08月24日 20:03
ご無沙汰しております!
石膏粉末Pの実績は色々と参考にさせて頂いており、感謝感謝です。
今回の物は、たまたま正座のポーズでしたので座りが良かったですw
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 株式会社アイジェット株式会社アイジェット at 2011年08月24日 20:52