2011年09月14日

RPからAMへ!



画像は、少し前に話題になった、積層造形で造られた自転車です。

昨日は、ベルサール八重洲で開催された「2011 マテリアライズ コンファレンス」にて、1日お勉強させて頂きました。
RP界の最新情報満載で、目がギラギラになる大変充実した内容でした。

そこで、STLに代わる新たなデータフォーマットとしてAMF形式(Additive Manufacturing Format?)なるものがあることを知りました。
STLとは違い、テクスチャーも付いてくるようです。

3D造形は、RapidPrototyping(試作品作成)からAdditive Manufacturing(実製品の生成)に移って来ている事が知られていますが、昨日はAMという言葉を沢山聞きましたので、RPという言い方も無くなりそうな勢いです。

特に医療領域では、もうAdditive Manufacturingやっています。
3Dプリンターや積層造形で造られた物が最終製品なのです。

これは、検索キーワードも変わってきますね。



同じカテゴリー(ラピッドプロトタイピング)の記事
新材料 VisiJet M3 Black
新材料 VisiJet M3 Black(2013-07-20 14:43)


Posted by 株式会社アイジェット at 11:01 │ラピッドプロトタイピング