2011年10月28日

3Dプリントって本当に高いですか?



フルカラー3Dプリンタの出力コストって本当に高いのでしょうか?
誰もが使用する2Dのインクジェットプリンタと比較してみます。

例えば高さ10cmのフィギュアを出力するとします。
3Dデータを積層ピッチ0.1mmでスライスすると、1000レイヤーになります。
2Dプリンタで言うところの、紙を1000枚出力することと同じです。

2Dインクジェットプリンタの出力コストが、L判・写真用紙でインク・用紙合計コストが1枚約21.7円(6色染料インク)だとすると、1000枚印刷するので21,700円かかるわけです。(工賃、減価償却など含まず)
しかも、網点でスカスカですからインク描画率は2Dプリンタのほうが圧倒的に低いです。
3Dプリンタでは固形化させなければなりませんから、インクを100%ベタ打ちみたいなものです。

では、お高いインクを使用する率が圧倒的に高いフルカラー3Dプリンタの出力コストはと言うと、、、
XYサイズがL判サイズ(89mm×127mm)ではありませんが、70mm×70mm×高さ100mmのフィギュアの立体出力を、弊社では約16,800円でご提供しております。(CMYK+透明 5色インク)

いかがでしょうか。
2Dプリンタで何枚出力することと同じになるかと想像して頂くと、わかりやすいかなと思いました。


でも家庭用プリンタで1,000枚印刷する人ってあまり居ないから、わかりやすくないか(^^;
というか、もっともっとお手軽にご利用頂けるように、スタッフ一同、知恵を絞って頑張ります!



同じカテゴリー(ビジネス)の記事
DDMで量産可能か!?
DDMで量産可能か!?(2014-07-22 12:03)

本店移転のお知らせ
本店移転のお知らせ(2014-06-24 04:45)


Posted by 株式会社アイジェット at 07:26 │ビジネス
この記事へのコメント
3Dプリントに使われているinkって、染料と顔料のどちらかなんですか?
それとも、特殊なインクなのでしょうか?
ちょっと興味があるので、よかったらご返事ください^^
Posted by GUEST at 2011年11月02日 01:55
こんにちは(^^
染料インクと粘度の低い水溶性の接着剤を混ぜたインクです。
よろしくお願いします。
Posted by iJetinc at 2011年11月02日 11:39