2011年11月10日

現在のRP装置で最高のクオリティー



株式会社ハイキューパーツ様より、模型用ディテールアップパーツ鋳造品原型製作の御依頼を頂きました。
画像がそのデータで、ジェットエンジンのタービンを模したものです。

全体サイズが5.2mm×5.2mm×1.5mmで、ブレードの厚みは0.178mmです!!!!!

Objetで出力してもこのサイズでは表面仕上げができませんので、このような微細造形にはDWSという光造形装置を使います。
ワークエリア的には小さめなのですが、表面仕上げ不要でそのまま御使用頂ける表面品質!
造形表面のクオリティーは、現在のRP装置の中では最高だと思います。



で、出力したのがこちら。
細かいディテールも表現できています。



こちらはダイレクト鋳造できる樹脂でオマケ。

納期的には4営業日での納品でした。

いかがでしょうか。
DWSの出力サービスをスピーディーにご提供しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いいたします。




同じカテゴリー(ラピッドプロトタイピング)の記事
新材料 VisiJet M3 Black
新材料 VisiJet M3 Black(2013-07-20 14:43)


Posted by 株式会社アイジェット at 10:47 │ラピッドプロトタイピング
この記事へのコメント
久しぶりの1位おめでとう御座います。

このまま暫く続けて下さい。
Posted by 上海 MIKASA上海 MIKASA at 2011年11月11日 07:51