2012年02月15日

黄金の顔



大阪万博のシンボル「太陽の塔」の上部にあった「黄金の顔」が、東京都墨田区の江戸東京博物館に展示されるそうで、13日に組立作業が行われたようです。
展示期間は21日から5月20日です。



こちらの画像は弊社で製作させて頂きました1/100スケール模型のチラ見せです。
太陽の塔の実物(!)をレーザースキャニングして3次元データ化し、そのデータを元に3Dプリントで作りました!
本体部分はZプリンターによる出力、黄金の顔はObjetでの出力になります。



同じカテゴリー(フィギュア・アート作品)の記事
DIESEL × iJet
DIESEL × iJet(2014-08-18 09:39)

クルマは家族だ!
クルマは家族だ!(2014-04-12 10:36)


Posted by 株式会社アイジェット at 13:46 │フィギュア・アート作品
この記事へのコメント
凄いものが出来ているのですね。驚きました。この太陽の塔商品化されないのでしょうか?
Posted by アストロノーツ at 2012年02月17日 16:50
コメントありがとうございます。
弊社では権利を持っておりませんので、商品化は出来ないのです。
宜しくお願い致します。
Posted by 株式会社アイジェット株式会社アイジェット at 2012年02月18日 10:09
ご返事ありがとうございます。
太陽の塔が大好きでこの写真を見て本物かと思いました。
アンテナの角度やスコッチカルの質感がリアルに感じました。
私は東京在住なのですが実物を見ることは出来ないのでしょうか?
Posted by アストロノーツ at 2012年02月18日 20:22
太陽の塔マニアの方からお褒め頂けて大変嬉しいです。
現物はお客様へ納品してしまいましたので、現状は実物をお見せすることが出来ません。
宜しくお願い致します。
Posted by 株式会社アイジェット株式会社アイジェット at 2012年02月19日 13:22