2012年09月28日

ボー​​ルアンドソケット、ヒンジを一体造形!



関節設計も素晴らしいですが、それをそのまま一体でObjetで3Dプリントしている発想が凄いです。
弊社でも可動フィギュアの原型を沢山やらせて頂いておりますが、データの段階でここまでシミュレートできるようになりたいものです。

関節パーツのクリアランスは0.3mmで設計しているとのこと。
これで色付き出力が出来るようになるともっと楽しくなってきますね。

こういった造形は、光造形系など同素材でサポートが必要になる造型機では絶対にできない技ですね。



同じカテゴリー(フィギュア・アート作品)の記事
DIESEL × iJet
DIESEL × iJet(2014-08-18 09:39)

クルマは家族だ!
クルマは家族だ!(2014-04-12 10:36)


Posted by 株式会社アイジェット at 17:40 │フィギュア・アート作品